遺伝子組み換えについて



TOP食の安全性>遺伝子組み換えについて

遺伝子組み換えと聞くと、よくないイメージをもっている方も多いはずです。今回は、世界中で否両論を巻き起こしている「遺伝子組み換え」について解説します。

遺伝子組み換えとは

遺伝子組み換えとはそもそも一体何でしょうか?

遺伝子組み換えとは人が、作物の遺伝子を操作し、組み換えをして、新たな品種を作ることを言います。

例えば害虫や除草剤に強い性質の遺伝子を組み込み、新たな作物を作ることを言います。

品種改良とは

では遺伝子組み換えと品種改良の違いは何でしょうか?

まず、品種改良とは一般的に異なる品種を交配して、新しい品種をことを言います。

小学校に理科で「おしべとめしべ」の習ったと思います。

めしべに、別の品種のおしべが作った、花粉をつけ、品種改良を行います。自然現象を利用します。

例えばジャガイモの「メークイン」と「男爵」を交配して、新たな品質を作ることを言います。

遺伝子組み換えのメリット

遺伝子組み換えのメリットは大きく2つあります。

1つ目は、害虫に強い農作物を作れば、農薬の使用を減らすことができます。また、成長の早い農作物を作れば、生産コストが下がります。

2つ目は、従来の品種改良に比べて、新し品種を作る時間を大幅に削減できます。従来の品種改良は、何千、何万回の交配を繰り返して、長年の開発期間がかかります。一方遺伝子組み換えは、遺伝子情報を操作するだけなので、思い通りの特性を持つ新しい品種がすぐに作れます。

遺伝子組み換えを行うことで、生産コストの削減を行え、食品の価格を下げることや、食品の安定供給が期待されます。

遺伝子組み換えの影響

遺伝子組み換えが人体に影響をもたらすのかどうかは世界中で議論されています。現在答えは出ていません。

例えば、遺伝子組み換えを行った作物を食べると、アレルギーの原因になるのではないかという指摘があります。

厚生労働省は、遺伝子組み換え食品の審査を行っており、アレルギーの原因になる作物は市場に出荷されないとしています。

また、一部の学者たちは、危険な遺伝子組み換えはしていないとしており、遺伝子組み換えの安全性の研究を長年しおり、危険性は確認できないといった意見も出ている。

日本における遺伝子組み換え

日本で遺伝子組み換えが認められている食品は「とうもろこし、大豆、菜種、綿、てんさい、じゃがいも、アルファファ、パパイヤ」です。

日本で遺伝子組み換え食品を流通する為には、厚生労働省の審査を通過する必要があります。

輸入食品も、安全性が確認できていない、遺伝子組み換え食品が流通していないか、検査を行っています。

日本における遺伝子組み換えの表示

遺伝子組み換え表示は法律で義務化されています。遺伝子組み換え表示について、まとめました。

正しい遺伝子組み換え表示の意味を知っていますか?

表示詳細遺伝子組み換えの有無
遺伝子組み換え 分別生産流通管理された遺伝子組換え食品を原材料とする場合あり
遺伝子組換え不分別 組換え、組換えでないものを分別していない食品を原材料とする場合可能性あり
高オレイン酸遺伝子組換え従来のものと組成、栄養価などが著しく異なる遺伝子組換え食品を原材料とする場合あり
遺伝子組換えでない 分別生産流通管理された遺伝子組換えでない食品を原材料とする場合無し
表示なし ●分別生産流通管理された遺伝子組換えでない食品を原材料とする場合
●加工後に組み換えられたDNA及びこれによって生じたたんぱく質が、広く認められた最新の技術によっても検出できない加工食品(大豆油、しょうゆなど)
可能性あり

資料:消費者庁-遺伝子組み換え食品

上記の表からわかることは「 遺伝子組換えでない 」と表示されている食品以外は、遺伝子組み換えが含まれてる又はその可能性があります。

日本における遺伝子組み換食品の流通

そもそも「遺伝子組み換え」と表示されている食品を見かけることは、ほとんどありませんよね。しかし、 実は日本でも意外と流通している可能性があります。

例えば「しょうゆ」です。しょうゆには表示義務がありません。企業が任意で表示している場合もあります。

理由は製造過程の精製によって、 販売されている製品を検査しても、原材料が遺伝子組換えかどうかが分からない為、表示の信ぴょう性を保証できないからです。

遺伝子組み換えの原料を使用している場合、わざわざ、「遺伝子組み換え」と表示しないですよね。


他にも加工食品は、その主な原材料(全原材料に占める重量の割合が上位3位までのもので、かつ原材料に占める重量の割合が5%以上のもの)にあたらない場合は、表示が省略できることになっています。

※現在料の大豆が4つ目に表示され、全体の5%未満の場合、表示義務がありません。


他にも、遺伝子組み換えでない作物を、どんなに努力して分別しても、生産や流通の過程で、遺伝子組換えのものが混入してしまう可能性があります。

これを 「意図せざる混入」 と呼びます。日本では、5%まで許容されています。

つまり、「遺伝子組み換えでない」と表示されていても、5%までなら、遺伝子組み換えの原料使用されている可能性があります。

5%を超えると「 遺伝子組換え不分別 」と表記されます。

平成30年に消費者庁が設置した「遺伝子組換え表示制度に関する検討会」で、「遺伝子組換えでない」表示を認める混入率を、現行の5%から「不検出」に引き下げるという報告がまとめられました。

資料: 遺伝子組換え表示制度に関する検討会 報告書


他にも、外食では表示する義務はありません。

まとめ

遺伝子組み換え食品を食べても、人体に影響するどうか、結論が出ていません。

「遺伝子組み換えの表示」は、表示しなくてもよい場合があります。また、遺伝子組み換えでない表示の食品でも、少量の遺伝子組み換えが混入している可能性があります。

基準を強化した場合、徹底した管理や、検査体制等大幅にコストがかかり、最終的には、食品価格上昇につながりかねません。また、中小の食品加工の会社は倒産しかねません。国も、規制強化に向けて、準備をしている段階ですが、現在慎重に議論されている段階です。

※本ページに記載している情報は、厚生労働省及び、消費者庁の情報をもとに記載しています。


[su_row][su_column size=”1/2″ center=”no” class=””][pc-only] [/pc-only] [/su_column] [su_column size=”1/2″ center=”no” class=””][pc-only] [/pc-only] [/su_column][/su_row] [mobile-only] [/mobile-only]


イオンのオトク情報
タイトルとURLをコピーしました